女性たちの発想とパワーで、世の中を楽しく、ハッピーにしていくトレンドメディア。 それが、Self-ISH です。

アイメイクは先端美が鍵

横か見た時に、伏し目がちになった時に、綺麗に仕上がっているアイメイクを見ると、丁寧さや清潔感を感じますね。

綺麗なアイシャドウを塗るだけや、まつ毛の長さをぐっとアップさせるだけでは、「美しい」とまでは言えないかもしれません。

どの角度から見ても美しいと感じる目元に仕上げるには「先端美」を意識してみましょう。

まつ毛はただ長い、ボリュームがあればいい訳ではない

目力UPには、まつ毛をしっかり印象的に仕上げたい所ですね。

しかし、ロングマスカラ、ボリュームマスカラをしっかり塗って仕上げ、まつ毛が目立つようになっても綺麗な印象とはほど遠くなっているような気が…?ということはありませんか。

まつ毛の仕上がりに好みはあれど、どんなまつ毛でも先端にダマがついていたりすると魅力が半減してしまいます。

まつ毛の先端は、すっと綺麗になっているのが理想です。

先端が綺麗なまつ毛に仕上げるには、ダマになりにくいマスカラを使うのはもちろんのこと、塗り方やその他アイテムを上手く活用するのがおすすめです。

絡まっている部分は丁寧にコームで梳かし、先端でダマになっているのはホットビューラーを優しくあてて取り除きましょう。
コームは金属製のものだと、力を込めずに綺麗に梳かすことができます。また、コーム部分が折れることも少なく、長く愛用することができますよ。

ホットビューラーは慣れていないと瞼に間違って触れた際など熱く感じてしまうかもしれません。
慣れるまでは、瞼とまつ毛の間に紙を入れてカバーしたりしつつ使ってみるといいですね。

下まつ毛は軽くマスカラを塗るだけで目幅がUP

下まつ毛は盛りすぎず、軽くマスカラを塗るだけでも目の縦幅UP効果があります。

ただ上まつ毛に使っているマスカラで下まつ毛を塗ろうとすると、目尻や目頭側が塗りにくかったり、ダマになりやすかったりします。

下まつ毛を塗る際は、ブラシが細いタイプのものを使うと綺麗に仕上げやすいです。
先端もダマにならず、綺麗に仕上がった下まつ毛はどの角度から見ても綺麗です。

また、目頭や目尻のまつ毛まで丁寧に塗ると、目幅がぐっとUPしてみえます。

目尻のアイラインの先端は綺麗に流す

目尻のアイラインがぷつっと切れてしまっていると、途端に丁寧さを感じなくなってしまいます。

アイラインの先端の仕上がりは、正面からも横から見ても目立つので綺麗に、丁寧に仕上げたい箇所です。

目尻のアイラインを綺麗にすっと流して仕上げるには、リキッドアイライナーを使うのがおすすめです。

目の上などには他の種類のアイライナーを使っていても、目尻はリキッドタイプを使うことで綺麗にすっと流れたアイラインに仕上げやすくなります。

無理に一気に引こうとせずに、目尻のみ引いてみてください。

また、筆の先のみを肌に当てて全体は軽く浮かすようにして描くと、細く流れたアイラインに仕上げやすくなります。

美しい目元は、先端が美しいかどうかが鍵を握ります。

先端美を意識して、アイメイクを仕上げてみてください。

最新情報をチェックしよう!