女性たちの発想とパワーで、世の中を楽しく、ハッピーにしていくトレンドメディア。 それが、Self-ISH です。

あなたの内側に目を向けよう。 ココロがざわついた時のセルフヒーリング方法! 3つのコツ。

こんにちは!

ビューティボイスデザイナーのHARUNAです。
少しずつ空が高くなり、爽やかな風が時折吹いて秋模様になってきましたね。

夜はエアコンをつけなくても眠れる日が出てきました。

虫の音も、蝉からコオロギやスズムシに変わり

音からも季節の移り変わりを感じられますね。

 

先日、個人セッションのため伺ったホテルロビーのお花

夏は皆さんどんなふうに過ごされましたか?

海、山、アウトドア、帰省、旅行など満喫された方も多いのではないでしょうか?

私は息子を連れて帰省し、川やプール、バーベキュー

花火、スイカ割りなど…(笑)子どもの夏休み!という日々を過ごしました。

夏が楽しかった分、それが終わっていくことになんとなく寂しさを感じたり、これから迎える秋冬、年末に向けて気持ちを切り替えることに重だるさを感じる方もいるかもしれませんね。

私は《Beauty  voice styling》というメソッドを開発し、1day講座や講師を育てるための養成講座をしています。

そこでは、ココロとカラダの繋がりを大切にして

日常をより快適にリラックスして過ごせる方法も教えています。

今日は、その中のセルフヒーリング方法をお伝えしていきますね。

呼吸に目を向けることでココロとカラダの静けさを取り戻そう

日本でヨガが流行から文化になった今、呼吸の大切さを知る方も多いかと思います。

知らなかった方は今日、ここで実践してみることをオススメしますよ♪

私自身、呼吸に目を向けることを習慣化したことで

感情の起伏が穏やかになりました。 しかも場所を選ばず、朝起きてすぐや通勤の電車、休憩時間、寝る前など、いつでもどこでも取り入れられるので一番身近で簡単なセルフヒーリング方法と言えますね。

 

《呼吸によるセルフヒーリング方法・3つのコツ》

 

①リラックスできる環境を整える

・立つ、座る、仰向け…姿勢はお好みでOK!

ソファやベッド、床などリラックスできる環境を探してみて。

・アクセサリー類を外し、衣服を緩める

より快適に過ごせるように身のまわりを整えましょう。通勤電車の中や、周りに人がいる場合は目を閉じたりイヤフォンをして、目や耳から入る情報を減らします。

 

②リラックスすることを自分に許可する

・ 初めは1分間目を閉じて呼吸を意識することすらソワソワします。

「これから3分間は自分のために時間を使おう!」

など、決めてあげるとより快適に過ごせるようになります。

 

③吸う息よりも吐く息を意識する

・人は吸う息の方が得意!吸う息で身体がパンパンに張って常に緊張状態だと言われています。

・PC作業など細かいことに集中していたり、緊張を強いられる場面で息が止まりがちになります。

 

では、①〜③を頭に入れて意識しながら実践してみましょう!

《呼吸によるセルフヒーリング方法・実践》

★伸びをして口から吐いて脱力。3回繰り返す。

★カラダが緩んだら目を閉じる。

★まずは何もコントロールしないで、吸う息と吐く息の

流れ、速さや深さを観る。

★徐々に吐く息に意識を向けて、苦しくならない程度に長く、丁寧に吐く息を見送る。

★最後は呼吸のコントロールをやめ、ただその場にいる。静かに過ごす。

3〜5分程度ですが、最初は長く感じるかもしれません。

慣れてくると心地よくなり、呼吸に目を向けることで

忙しかったココロが静かになり、カラダが休まります。

いつでもどこでも簡単に!しかも無料!

一番身近で簡単なセルフヒーリング方法です。

 

《Beauty  voice styling》について知りたい方は

プロフィールにあるFacebookやインスタをご覧になりお気軽にメッセージくださいね。

最新情報をチェックしよう!