女性たちの発想とパワーで、世の中を楽しく、ハッピーにしていくトレンドメディア。 それが、Self-ISH です。

東南アジアで非日常な3日間の旅 〜インドネシア ビンタン島〜

みなさんこんにちは。
トータルプロデューサーの釜谷あすりです。
仕事や遊びで毎月行く海外のオススメの遊び方をお伝えしていきたいと思います。

今回はインドネシア所有の「ビンタン島」。

この島はシンガポールから船で40分で到着です。
一度シンガポールから国を越えるため出国と入国手続きありますが
それが終わればスムーズに島に到着できます。

島に到着するとホテルごとに待合い室があり
そこでホテルの車が到着するまで
紅茶やお菓子を頂くことができます。

この時点で、インドネシアの方は温厚で優しく丁寧な方が多いのがわかると思います。

今回私が泊まったホテルは
欧米の方に愛されている「The Sanchaya」というホテルです。
広大な敷地内にプールやプライベートビーチの他、エステ、スポーツジムやワインの部屋、チェスの部屋など、なかなか一般のホテルリゾートでは無い施設が楽しめます。

それでは、2泊3日で楽しめる第5選をご紹介致します。


①プライベートビーチやプールでまったり
(Sanchaya Hotel)

ここではゴージャスなプールに入りながら海を眺めることができ、贅沢な時間を過ごすことができます。

プライベートビーチではぜひ「セルフヨガ」や「セルフストレッチ」などをして
日頃の体と心のストレスから解放してあげてください^^

②ホテルの中でフォトジェニックな写真を撮影

こちらSanchayaホテルでは様々な施設を利用して、 素敵なフォトジェニックなお写真が撮れます。

テキスト
テキスト



③マッサージやフェイシャルで美ボディケア

このSanchayaホテルだけに限らず、島のホテルのほとんどにスパがついています。
日本よりも比較的リーズナブルに本格的なマッサージやエステが受けれます。

③アドベンチャーワールドでアクティビティ三昧!「ビンタン ラグーン」

ビンタン島内にある、人口で作ったビーチリゾート施設では様々なアクティビティが楽しめます。
サップ、スキューバ、モーターボートやバギーなど水陸楽しめます。

私は初めてウェイクスキーという、波を使ったスキーに挑戦しました!
なかなかガイドの方も丁寧に教えてくれるので初心者の方もぜひ挑戦して頂きたいです。



⑤夜はナイトクルーズで蛍の観察探検

ビンタン島にはマングローブが多くあり、年間ずっと蛍の群れを観察できるアクティビティがあります。
このボートに乗るだけでもアドベンチャー!
5-7月の雨季のシーズンに行くと、辺り一面蛍の群れで幻想的な風景を見ることができます。

いかがでしたでしょうか?
あまり馴染みのないインドネシア「ビンタン島」も少し身近に感じて頂けたら幸いです。

ぜひ、仕事や人間関係で疲れた方には思いっきりリフレッシュできる場所なので訪れてみてはいかがでしょうか?

最新情報をチェックしよう!