女性たちの発想とパワーで、世の中を楽しく、ハッピーにしていくトレンドメディア。 それが、Self-ISH です。

Lys blanc Volteメンバー記事 「自然に帰る。そして、私に帰る。 自然から学ぶありのままの姿とは?」



Lys blanc Volte(リス・ブラン・ヴォルテ)メンバー記事


皆さんこんにちは!
ビューティボイスデザイナーのHARUNAです。


今年の夏はどんなふうに過ごされましたか?
私たち家族はたっぷり自然と触れ合う時間を作りました。



特に印象的だった体験はこちら!




静岡県藤枝市にある水車むら
江戸時代に建てられた築250年
茅葺き屋根の古民家でのバーベキュー!


今ではなかなか見ることの出来ない囲炉裏があり、
なんとこの囲炉裏でヤマメや季節の野菜を焼いて食べる体験が出来ます!


こちらの古民家を貸し切りにさせて頂き
一日ゆったりと過ごしました。






出迎えてくださったのは意外にも若い方で驚きました。
どんな想いがあり水車むらを始めたのか、お話を伺いましたよ。





水車むら代表・保志弘幸(ほしひろゆき)さん

青年海外協力隊として2年間をアフリカ、マラウイ共和国という国で生活し、農民の生活向上をサポートする活動をされていたそうです。

帰郷後、廃墟だった水車むらと出会い、古き良き佇まいに魅了されて復活を決意。
自然の中でむかしの田舎暮らしを追体験することで、新しい気づきや癒し、感動体験を提供したいと思い、「水車むら」を起業。



ヤマメのつかみ取り、タケノコ採り、薪割り、炊飯、五右衛門風呂!
季節によってさまざまな体験ができるそうです。


「しいたけは旨味が逃げないようにひっくり返したりしないでね。
とうもろこしは皮のままが甘みが増しますよ。」
など丁寧に教えて下さいました。



古民家ですから当然エアコンもない。
囲炉裏で火をおこしているから汗だく!


でもね、みんな「夏は暑いもんだ!」と笑ってしまうの。
それくらい楽しくて充実した時間でしたよ。


普段、どれだけ快適で効率の良い暮らしをしているか、改めて有り難いなぁと思うと同時に、その真逆の体験ができることにもみんなが喜びを感じていました。



2歳の息子も非日常に大興奮!
野菜やお肉を焼くのを手伝ってくれたり
いつもは手をつけない人参も囲炉裏で焼いたものは「あまい、あまい!」と言って食べてくれました。



屋根裏に登ると異空間。
トトロが出てきそう…!

山からの涼しい風が吹き抜けてきて
涼しい。

ゆっくり本でも読みたい!と思いましたが


そんな願いは叶うはずはなく(笑)
暴れん坊のちびっこ達を追いかけ回していました。




古民家を出て坂を下るとすぐ川が流れています。
そこでサワガニや小さな魚を捕まえたり
トンボや蝶々を追いかけたり
スイカ割りをしたり…



私からすると懐かしいなぁ、と感じる遊びも
息子からしたら何もかもが新しい!と目をキラキラと輝かせている。


都会にいると出来ないことばかり。
子どもにとっては最高の遊び場ですね!



ありのままを見せてくれる大自然


川は途切れることなく流れ
草木は抗うことなく風に揺れ
太陽は東から西へ


移り変わる姿を私たちに見せてくれます。


人間には感情や思考がありますから
変化することに怖れや不安を抱くことがあります。



でも、こうして自然の中にいると
変化に対しても、もっと委ねていいんだな。
戦わなくていいんだな。


と教えてくれているように感じます。


何かに迷ったり、行き詰まった時は
自然に帰ろう。


ありのままの姿に触れることで
私たち人間も純粋な心に戻っていけるような気がしますよね。




水車むら

所在地
静岡県藤枝市瀬戸ノ谷12317-1


アクセス
【電車】JR東海道本線 藤枝駅から藤枝駅ゆらく線バス「滝ノ谷」下車 徒歩約15分
※最寄りの「滝ノ谷」バス停までの利用には予約が必要です。路線バスでお越しの際は、前日までに水車むらまでお知らせください。
※平日と土日祝は運行時刻が変わりますのでウェブにてご確認ください。
【車】藤枝バイパス 谷稲葉ICから約9km

問い合わせ
https://www.facebook.com/水車むら-287045681733437/