女性たちの発想とパワーで、世の中を楽しく、ハッピーにしていくトレンドメディア。 それが、Self-ISH です。

この開放感が、ビールをさらにおいしくする。 「最新ルーフトップテラス」が正解。

参照:https://www.timeout.jp/tokyo/ja/nightlife/rooftop-bar



都内にテラスは数多くありますが、

イマ行くべきなのはビルの最上階にあって、圧倒的な開放感が

楽しめるルーフトップテラス。

その中から、新しくオープンしたテラスを厳選してご紹介いたします。

1.六本木ヒルズを真横に従える圧巻の立地で噛みしめるのは

勝者の高揚感

”1 OAK TOKYO THE DECK”

参照:http://music-newsnetwork.com/?p=27763




感度の高さを自認するなら、

真っ先に訪れてほしいのはここ。

あの六本木にある有名なクラブ「1OAK TOKYO」に

今春に新しく最上階のフロアが出現しました。

完全に独立した状態の”THE DECK”は、

エントランスフィーは無料。

火曜~土曜はクラブフロアより1時間早く22時からオープン。

最奥部の専用エレベーターで上ると、全方位で夜空がつながる、

広くて開放的なテラスがひろがります。

眺望も圧巻で、六本木ヒルズが間近で煌めいているのが魅力的。

これぞ、東京の中心。

ハウスミュージックが流れる中、

心地よい雰囲気の中で、お食事会やまたは飲み会の後少し落ち着きたい

時なんかはベスト。

盛り上がったらそのままフロアに流れ込むのももちろんOK。

おすすめな場所です。

【THE DECK @ 1 OAK TOKYO】
〒106-0032 東京都港区六本木5丁目10−25 3F
営業時間:11PM- 5AM (ワン オーク トウキョウと同様) *テラスは深夜12時まで
*4月5日(金)は「THE DECK」への入場は1AM からとなります。
URL: http://1oaktokyo.com/
Instagram: https://www.instagram.com/1oaktokyo/



2. 直通エレベーターでしかアクセスできない。

知る人のみぞ知る、究極の隠れ家。

”TOP TERRACE ONES”

参照:https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130601/13231943/




夜空に美しく染まるこのテラスに、ドコモタワーのシルエットが幻想的に

浮かび上がる。

東京の全貌が望める点もこのテラスの魅力。

新宿の高層ビル群はもちろん、南東に振り向くと六本木ヒルズもみることができます。

最寄駅は原宿駅ですが、界隈にはアパレル企業も多く、

竹下通りと真逆の大人な雰囲気が漂う神宮前3丁目。

しかし、ビルにたどりついても看板はなく、5階と聞いていたはずが、

その外観は4階建てにみえる。

そんな正面から見えない5階へは、

ビル奥手の専用エレベーターで向かいます。

7月にオープンしたての場所なので、まだまだ知人程度しか

きていないそう。

秘密のテラスなら、さらに雰囲気良く利用することができそうですね。

【TOP TERRACE ONES】
東京都渋谷区神宮前3-30-12 Gビル神宮前5F
営業時間:18PM-1AM
基本不定休
カウンター8席、ソファ6席、テラス20席
コースは完全予約制。
https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130601/13231943/




3.話題のホテルが最上階に構えたダイニングは、銀座の洗練を象る

モダン空間。

”OPUS”

参照:https://numero.jp/news-20190316-opus/




使い方は自由自在。ここはとても洒落ていて高級感もありますが、

雰囲気はいたってカジュアルな場です。

そんなスタイルでゲストを迎えるホテル「ザロイヤルパークキャンバス」がこの春、銀座に誕生しました。

その最上階にあり、ルーフトップテラスも擁するダイニングがこれ。

テラスは中央通りに面していて、煌めくネオンが眩しいほど、夜でも明るい街を実感できます。

このダイニングが何より素晴らしいのはその料理。

広尾「ODE」で高度な芸術性を披露している、

生井祐介氏が監修しております。

美麗な皿が勢ぞろいしており、特性窯で調理したモダンシーフードグリルがメイン。

コースもありますが、アラカルトを用意している点が最大の特徴。

デートなら先鋭的なコースを味わった後にテラスに移動してもう一杯も素敵ですね。

【OPUS】

東京都中央区銀座8-9-4 ザロイヤルパークキャンバス銀座8 14階
営業時間:7AM-23PM
モーニング 7:00〜10:00(9:30最終入店)
ランチ 11:30〜14:30(L.O.14:30)
ティー タイム 14:30〜17:30 (L.O.17:30)
ディナー 17:30〜23:00 (FOOD L.O.22:00/DRINKL.O.22:30)
日曜日は、21:00まで(FOOD LO.20:00/DRINKL.O.20:30)
※予約状況によりラストオーダーや営業時間を変更する場合があります
URL/www.canvas-ginza8.jp




いかがだったでしょうか。

ビアガーデンは一時期流行っていましたが、

いい雰囲気の中テラスを楽しんでみるなら、

紹介したようなお店もアリです。

雰囲気で、人は恋に落ちる。

秘密のテラスであなたも心身酔いしれてみるのもいいかもしれません。

最新情報をチェックしよう!