女性たちの発想とパワーで、世の中を楽しく、ハッピーにしていくトレンドメディア。 それが、Self-ISH です。

腸内細菌にいい食事4つ!


腸内細菌にいい食事の例

前回、腸内細菌に良い食事として「シンバイオティクス」をご提案しました。具体的に日常生活に取り入れていくにあたってオススメの食べ方をお伝えします。

1麦ご飯や玄米、雑穀米との組み合わせ

麦ご飯や玄米、雑穀米は白米に比べてはるかに多い食物繊維が含まれています。そこにぬか漬けや、納豆を加えることで、シンバイオティクスとしてより効果upが期待できます。ぬか漬けは酪酸菌や乳酸菌が含まれていて特に酪酸菌は、他の食品ではなかなか見られません。納豆は土壌菌という日和見菌が含まれています。


2ヨーグルトにハチミツ、チーズにハチミツ

鉄板の組み合わせですね。ヨーグルトやチーズの乳酸菌と、ハチミツのオリゴ糖を組み合わせることによってヨーグルトはおやつになります。ヨーグルトは無糖のものを買ってくるのが良いでしょう。チーズとハチミツは赤ワインのよいツマミにもなります。チーズもクリームチーズなど塗り広げられるものであれば、全粒粉パンに塗って食べると食物繊維が期待できます。

3味噌汁にわかめ/めかぶ

味噌汁にしてしまうと、味噌に含まれていた細菌は死んでしまうと思いますが、前回も話した通り死んだ細菌でも腸内細菌に良い影響を与えると考えられています。そこに水溶性食物繊維が豊富な海藻類を入れることによって効率よく摂取できます。日本人は海藻の水溶性食物繊維である「フコイダン」を利用できる腸内細菌がたいていの人のお腹の中にいますので、ぜひ腸内細菌の餌を補充してあげてください。1日1杯を目安にすると良いでしょう。



酢キャベツ最強説

 色々ご紹介してきましたが、それすら面倒臭いと思う方もいるかもしれません、そんな私は普段、酢キャベツを冷蔵庫に常備しています。酢キャベツは、私の腸内細菌の師匠である藤田紘一郎先生が提案しているもので、毎食100g、まずは酢キャベツを食べるということを提案しています。作り方は簡単で、キャベツを千切りにして、保存袋に入れて、塩をまぶしてなじませてから、酢をひたひたになるまで入れます。空気を抜いて出来上がりです。

私は塩をまぶすのもせず直接酢をかけているのと、保存袋でなくガラス製の保存容器を使っています。そこはお好みですが、なんといっても簡単に野菜が食事に取り入れられて、保存も効くのが魅力です。酢キャベツの魅力はまた別の機会でもお話しします。



自分のライフスタイルにあった食事をとろう

 外食が多い、夜仕事が終わるのが遅い、など色々事情は人によって異なるもの。いきなり全部やろうとせず、できるところから、楽チンに続けられることを取り入れていきましょう。

【まとめ】シンバイオティクス、酢キャベツなど、日々できることから腸内細菌に良い食事をしよう。


最新情報をチェックしよう!