女性たちの発想とパワーで、世の中を楽しく、ハッピーにしていくトレンドメディア。 それが、Self-ISH です。

睡眠時間は1日何時間とったらいい?


睡眠の大切さ



 こんにちは、ドクターしょこたんです。

 今日は睡眠の大切さについてお話ししていきます。この記事は、睡眠をとる時間は、もったいない!と思っている人にぜひ読んでほしい記事です。

 皆様は、睡眠は1日何時間くらいとられているでしょうか?

 睡眠は、この忙しい現代社会だと、「無駄なもの」と見られがちです。また仕事を追い込み、プライベートが充実していると、睡眠時間がつい短くなってしまうこともあるかもしれません。しかし、短い睡眠時間でずっと頑張っていると、いつか大変なことになってしまうかもしれませんよ。

 なお、世界的な平均を見ても、日本人は睡眠時間が短いです。フランス人は約8時間半の睡眠時間(※1)ですが、日本人の平均は約7時間40分です。しかし周りの日本人を見渡してみると5〜6時間睡眠の方をよく見かけます。6時間未満の睡眠は、実はアメリカでは短時間睡眠者として研究対象にされる数値なのです。



睡眠時間が足りないとどうなるか

 睡眠時間が少ないと、色々な悪影響が起こります。まず、太りやすくなります。食欲の抑制が効かなくなるのと、満腹であるというシグナルが脳に伝わらなくなるのです。それだけでなく、血糖値のレベルが上がり、血圧も上がります。ひいては脳卒中や心筋梗塞などの重篤な病気のリスクにもなるのです。また免疫機能が落ちますので風邪などひきやすくなります。そして、睡眠不足はアルツハイマー病のリスクが増えます。

 そして怖いのは睡眠不足ではマイクロスリープと言われる、一瞬起こる意識消失が出てきます。睡眠不足の時、「ふっと」意識がなくなることがあります。これは自分でもそれが起こったことに気づいていない人も多いです。もし、車の運転中や、慎重にやらなければならない作業中、重要な会議中に起こったらと思うと恐ろしいですね。



あなたの必要な睡眠時間は決まっている

しかし残念ながら、あなたの必要な睡眠時間を短くすることはできないのです。

必要な睡眠時間は時計遺伝子というもので決まっており、平均的な必要睡眠時間は7時間半〜8時間と言われています。

しかしかの有名なアインシュタインは実は10時間睡眠だったと言うことで、本当に必要な睡眠時間は人によって異なるのです。

全人口の5%程度はショートスリーパーと言って、睡眠時間6時間未満でも全く平気な人ですが、あなたがそうなら短時間睡眠でも大丈夫かもしれませんが、もし短時間睡眠で体調が悪くなるなら、その遺伝子を持っていないと言うことであきらめた方がいいかもしれません。



前にも書きましたが、いきなり6時間睡眠→8時間睡眠の時間を取るのが難しい人でも、せめて30分睡眠時間を延ばすように意識してみたらどうでしょうか?

今までになかったパフォーマンスが発揮できるようになるかもしれませんよ。


前にも書きましたが、いきなり6時間睡眠→8時間睡眠の時間を取るのが難しい人でも、せめて30分睡眠時間を延ばすように意識してみたらどうでしょうか?今までになかったパフォーマンスが発揮できるようになるかもしれませんよ。

【まとめ】

・睡眠は大抵の人が7時間半〜8時間程度必要であり、睡眠不足は様々な病気を引き起こす可能性がある。

参考文献:

※1 e-ヘルスネット 睡眠と生活習慣病の深い関係 

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/heart/k-02-008.html


最新情報をチェックしよう!