女性たちの発想とパワーで、世の中を楽しく、ハッピーにしていくトレンドメディア。 それが、Self-ISH です。

Lys blanc Volteメンバー記事「食卓に新しい風を吹き込もう!青山ファーマーズマーケット」

Lys blanc Volte(リス・ブラン・ヴォルテ)メンバー記事





こんにちは!小島あり彩です。

いい生活はいい食事から。

東京の生活で新鮮なおいしい食材を手に取りたい時、立ち寄るところがあります。

それは、ファーマーズマーケット。

私がよく訪れるファーマーズマーケットの一つは、青山で開催しているファーマーズマーケットです。

渋谷や表参道から歩いて行けるアクセスの良さも嬉しい。

ファーマーズマーケットの醍醐味は、生産者さんと直接話をして購入できるというところ。

生産方法やこだわりを伺った食材は、いつもよりも愛着が湧いたり、美味しく感じられますよね。

都心ではなかなかできない貴重な機会です。



〈青山ファーマーズマーケットのテーマとは?〉


・野良

野が良い、で野良。すべての基本は野良にある。

いつも同じではつまらない。当たり前の変化を積極的に楽しむこと。


・食の多様性

自然は多様。食事の可能性も、無限大。尽きることのない楽しみを。


・発酵

目に見えない力が合わさることで、単なる組み合わせ以上のものになる。


・FOOD CART GASTRONOMY

現代の美食とは?美味しい素材と、制約があるからこそのクリエイティビティ。

自然や旬の変化や個性を受け入れて、食を自由に楽しもう!というメッセージが伝わってきます。

年齢性別問わず、様々なお店や個性豊かな人が集まる一つのコミュニティで、共通するのは「食」を大切にしていること。

生産者さんや販売者さんと話す時間がとっても楽しいんです。

さて、それではファーマーズで私がよく立ち寄るお店や、最近発見した素敵なお店をご紹介しますね!





ハイブリッヂ農園

他のファーマーズマーケットで出会って、野菜を購入するようになった農家さん。

店主の笑顔を一目見て、こんな人が育てた野菜は美味しいだろうな〜という安易(?)な気持ちで手に取って食べたら、その直勘は間違ってなかった!ということで周りの人にもオススメしています。

農薬や化学肥料不使用のオーガニック野菜は大きかったり、形もいびつだったり。

スーパーマーケットでしか野菜を買わない頃は気がつかなかったけど、それが本来の自然の姿なんだなぁって、当たり前のことに気づかされます。

甘みが強かったり、みずみずしかったり、野菜それぞれの味や個性が際だっていて、大地の味がギュッと詰まっています。

ごろりと身が詰まったにんにくのつかみ取りも名物。





Organic Planet

口コミで人気が広がったオーガニックでグルテンフリーのグラノーラ。

プレゼントした友人やInstagramを見て買いに行ってくれたフォロワーさん達が面白いほどに口を揃えて言うのが「あれ、おいしいよね〜!」というシンプルな一言。

「オーガニックとかよくわからないけど、おいしい!」という言葉。

そこに魅力の全てが詰まっているんじゃないかと思う。

美味しさの秘密は、栄養士の”なっちゃん”が開発した、健康志向や子供、アレルギーの人でも安心して食べられる小麦粉・白砂糖・卵・乳製品・添加物を使用しないレシピ。

小麦粉の代わりに、アーモンド粉やひよこ豆の粉を使用し、卵や乳製品の代わりに、栄養価の高いココナッツオイルやココナッツバターを使用するというこだわりなんです。

私はチャイ味が大好き!

男性へのギフトは、おつまみにも良さそうなガーリックバジル味が好評でした。

(ワインと合うらしい。)



 

ずくだせ農園

長野県の無農薬大豆農家さん。

「ずぐだせ」というのは、長野県の方言で「精をだせ」「惜しまず働け」という意味だそう。

我が家で何度もリピートしているのは「穀響(コクジャン)」

砂糖、保存料、化学調味料、無添加で作った糀だれ醤油。

在来種の大豆から仕込んだ醤油に米糀を混ぜ、再発酵させて作っています。

野菜スティックにつけたり、ドレッシングに混ぜたり、炒め物の味付けや、焼きおにぎりにも。お肉の下味に使うと糀パワーでお肉が柔らかくジューシーに仕上がります。

まさに万能調味料!

醤油と米麹のおかげでコクがある味なので、ヘルシーにしたいけどがっつり食べたいな〜という時に重宝します。

最後に「これ飲んでみて!」と手渡された自家製コーラはカルダモンがピリッと効いていました。

夏の来客時に冷やしてお出ししたら喜ばれそう。





浅煎り珈琲豆専門店イースト

湘南からやってきた浅煎りにこだわった珈琲豆専門店。

金曜日に焙煎して土日に売り切るという新鮮さがこだわりだそう。

販売している人たちは、産業能率大学田中ゼミの学生さん達。

「田中ゼミCoffee Project」として、ゼミで学んだ消費者心理の実践としてコーヒー販売を行っているとのこと。

大人になるにつれて、普段話す機会が少ない大学生と話せるのも、ファーマーズマーケットの醍醐味ですね。

最近改めて注目されている水出しアイスコーヒーが人気だそうです!





紀州和歌山松本ヒロシ

「どうぞ食べてってーや〜!」と明るい笑顔で手渡されたのは、おじいちゃんの代から作ってる樹齢約100年のバレンシアオレンジ。

国産のバレンシアオレンジは稀少なものなんだって。

甘さが溢れ出すジューシーなオレンジは、酸っぱい人が苦手な人からも好まれそう。

太陽の恵みがたっぷり詰まったオレンジです。





クラシワインズ

ギリシャのビオワイン。店員さんたちがとっても陽気!

ラベル一つ一つのデザインが素敵で、ホームパーティの手土産やギフトにも喜ばれそう。

甘口のものはさらさら柔らかかったり、ミディアムボディなのにスパイシーでどんっと重厚感があったり・・これまでのワインとはまた違うものが多くて、新しい発見があるワイン達。

ぜひ一度試しに飲んでみてほしいです・・!

会社名のKrasiはギリシャ語でワインという意味を持ち、日本語の発音に変えれば「暮らし」という意味を含みます。

ギリシャワインを日本の暮らしに。という想いがこめられているそう。

いかがでしたでしょうか?東京にいても、気軽に新鮮な食材や全国のおいしいものを手に入れることができるのが嬉しいですね。

新しいおいしいものを食べたい時やレシピにマンネリした時、食卓に新しい風を吹き込みたい時に訪れてみると、きっと新しい発見があるはず。

毎週土日に開催しているので、お出かけついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

お気に入りのエコバックもどうぞ忘れずに!

青山ファーマーズマーケット

http://farmersmarkets.jp




最新情報をチェックしよう!