女性たちの発想とパワーで、世の中を楽しく、ハッピーにしていくトレンドメディア。 それが、Self-ISH です。

女性にとっての一番の不労所得とは



こんにちは、しあわせいなです。
「女性にとっての一番の不労所得とは」
物凄く怪しいテーマですよね。笑
そのテーマについて、
経験論と自論で展開していきます。


特に、仕事で頑張りすぎている
プライド高めな女性に届けたい。


「女性にとっての一番の不労所得とは」

ズバリ。エグゼクティブな
パートナーをもつこと。



エグゼクティブ(executive)とは



「経営幹部」や「重役」という意味の言葉。
これが転じて「高級な」や「贅沢な」という意味でも使われています。
「経営幹部や重役が使うような高級なもの・贅沢なもの」という意味ですね。
例えば、「エグゼクティブカー」で「高級車」という意味になります。


エグゼクティブの意味は「重役」を思い浮かべるとわかりやすいです。


参照:https://imikaisetu.goldencelebration168.com/archives/1211



エグゼクティブを支えること
=自立、社会貢献



「僕には君が必要だ!!」と猛アプローチが強ければ強い人ほど、桁違いの資産家でした。


はじめは、この方とご一緒するには
私にもそれ相応に稼がなきゃいけないし、
同じ土俵で闘えるまでの女にならなければ。
と気張っていたのですが、(変なプライド)


実際彼らが求めていたのはそこではなくて。
「私」という心の拠り所でした。


だとしたら、私がフォローに入って、
パートナーの活力になれば、
結果として世の中に大きな貢献ができるなあと。
今此処に行き着いています。


プライドが高すぎると変に身構えてしまって、
可愛くない女になっちゃう気がします。
本来の魅力も出しにくいものなのですよ。
(私がそうでした)


「この人といたら得だ損だ」という
損得感情ではなく、
「学ばさせて頂く」という謙虚さを持ち続けること。
そして受け取るだけでなく、
目の前の方が求めているものを察知して、
Give & Giveぐらいの気持ちで
関わることが大切ですね。



イチローの奥様から学ぶ美学



野球界の世界的スターとなったイチロー選手。
イチロー選手が活躍できたのは、
渾身的な支えがあった奥様、弓子さんの力だと私は思います。


イチロー選手は毎朝同じ時間に起きて、
弓子さんの手作りのカレーを食べるという習慣を持っていました。


イチロー選手はカレーが大好きで、弓子さんははイチロー選手の身体を気遣いながら栄養バランスの整ったカレーを毎朝作っていたそうです。


それに加えて、
ホームゲームの時は必ず弓子さんが握った手作りのおにぎりをイチロー選手は食べていたそうなのです。



その数が合計するとおよそ2800個。弓子さん本人としては3000個を達成したかったようで、イチロー選手も、

「3000個握らせてあげたかったと思います。
僕はゆっくりする気はないですけど、妻にはゆっくりして欲しいと思っています。」

と語り弓子夫人をねぎらっていました。
二人の愛の深さを感じられる
素晴らしいエピソードですよね。



女性としての幸せを掴むために




女性でも前に出て、
経済的、精神的な自立を目指すことは
とても重要なことだと思います。
しかしながら、女性のしなやかさを持ち、
影の立役者の立ち位置で見守ることも、
女性にとっての自立だと思うのです。


良好なパートナーシップを結ぶことが
私の一番の不労所得だと思っています。