女性たちの発想とパワーで、世の中を楽しく、ハッピーにしていくトレンドメディア。 それが、Self-ISH です。

腸内フローラのバランスを整えて健康と美肌を手にいれよう!

こんにちは。管理栄養士のゆみです。

腸内フローラの研究に携わり、腸内環境をよくするお料理教室も行っています。

今回は、腸内環境についてお話したいと思います。

私たちの腸内には、たくさんの種類の細菌が生息しています。

それは、1,000種1,000兆個以上といわれています。

腸内に棲む細菌のことを、腸内細菌といいます。

私たち人間の細胞は約60兆個といわれていますが、人間の腸内には、体内に棲む細菌のうち約9割が棲んでいるといわれています。

腸は、人間の免疫力や健康、痩せやすさ太りやすさ、美肌などすべての健康に関わっています。

また、老化にも腸は関わっています。

現在、私も腸内フローラについての研究を大学病院にて行わせていただいておりますが、腸は健康に大変影響しており、超重要だということがいえます。

第二の脳が腸ともいわれていますが、生物誕生と進化の過程では脳より先に腸ができていたと言われてます。

腸内に棲んでいる細菌は、菌種ごとの塊となって腸の壁に隙間なくびっしりと張り付いています。

この状態は、並んで咲くお花畑=floraに見えるため、腸内フローラと呼ばれています。






腸内フローラを形成している菌は、3つにわけられています。

1つめは善玉菌で、私たちの身体を守り、免疫力を上げるもの、2つめが悪玉菌で増えすぎると健康を害すもので、アルカリ性のもの、3つめは日和見菌で、善玉菌、悪玉菌のうち、優勢な菌と同じ働きをするものです。

善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7の割合が良いといわれています。

善玉菌はビフィズス菌、乳酸菌などであり、悪玉菌はブドウ菌、ウェルシュ菌、大腸菌など、日和見菌は、バクテロイデス、大腸菌(無毒株)、連鎖球菌などです。

そのため、善玉菌優位な腸内環境に持っていき、腸内フローラのバランスを整えることが健康と美容の鍵だといわれています。





そのためには?

☆毎日の食生活で善玉菌優位にして腸内フローラを整える!

ポイントは、

善玉菌を含むものと、善玉菌のエサとなるものと合わせて摂ることで腸内環境改善効果が倍増します!!

善玉菌を含むもの=プロバイオティクスといい、発酵食品等です。(ヨーグルト、納豆、味噌、テンペ等)

善玉菌のエサとなるもの=プレバイオティクスといい、食物繊維とオリゴ糖などです。(食物繊維:野菜類(ごぼう、キャベツ、ブロッコリー、ほうれん草など)、豆類、海藻類、きのこ類など、オリゴ糖:玉ねぎ、ごぼう、にんにく、果物(バナナ)、大豆など)

これらの食品を摂取するように心がけましょう。





超大事な腸が喜び、健康と美容を手にいれましょう!

善玉菌優位にする腸内フローラが喜ぶレシピについては、
次回記事でご紹介します!