女性たちの発想とパワーで、世の中を楽しく、ハッピーにしていくトレンドメディア。 それが、Self-ISH です。

Lys blanc Volteメンバー記事「自分に合う食事バランスを知る方法。 30代は食べて内側から美しい女性に。」





Lys blanc Volte(リス・ブラン・ヴォルテ)メンバー記事

こんにちは!小島あり彩です。

これを読んでるみなさんは、「自分に合う食事法やバランス」って知ってますか?
今日は食べて美しい身体と心を作るおはなし。

上京組の私は20代は仕事に恋にと一生懸命で、常に外へ刺激を求めて飛び回り、食事はほぼ外食だった生活。

そんな生活を続けた後に、30代に入る少し前から変化がありました。

日々の小さなことが身体や心、人生を作っているんだなぁと感じることが増えていくことで、暮らしを整えることの良さを少しずつ知っていったのです。

例えば、どんなに疲れていても、夜10分でもお風呂に肩まで浸かると、疲れが取れること。

寝る前30分はスマホをいじらないようにすると、次の日の目覚めが違うこと。

そして、一番は3食の食事。

どんなにやることがてんこ盛りで忙しなくても、スーパーのお惣菜じゃなく、手作りのご飯を食べると身体の内側から活力がみなぎるんだということを知りました。

ランチに消化に負担が少ないものを食べると午後に眠気を感じなくなることや、腸を整える食事を摂ることでお肌の透明感が出ることも。

全て自分の身体から学びました。


万人に合う食事のバランスなんてない。 




テレビなどのメディアでは様々な魅力的に見える食事法がありますが、私は万人に合う食事法やバランスはないと思っています。

数ヶ月間朝にスムージーを飲み続けたら、足先が冷えやすくなったり、

ベジタリアンを続けていると、忙しい日が続いたある日エネルギーが湧かなくなったり・・

なんてことを経験してきた結果、思ったのは、“絶対これじゃなきゃダメ!”は、他のことにも寛容的になれなくなったりして精神衛生上良くない。

そして、「自分が求める食事は日々のライフスタイルやスケジュールなどで変わる。」ということ。

じゃあ、どうやったら自分に合う食事を見つけられるんだろう?

ということを次の章からお話ししていきますね!


きっかけは味覚を研ぎ澄ませる断食体験  



男性社会の中で猛烈に働き、「食事はガソリン。エネルギーになりそうなものならなんでもいい。」という考え方だった20代前半は、コンビニのおにぎりやスーパーのお惣菜、某チェーン店の牛丼が主食。

そんな私が食に対して意識を向けるようになった一番最初のきっかけは、24歳の頃の体調不良。

「普段昼夜問わず働いている胃腸を休めることが大事」と知人にオススメされて、3日間のファスティング(断食)をすることになりました。

結果的に、3kg以上体重が減ったり、お肌がつやつやになったり、頭がすっきりしたり、倦怠感を感じていたのがなくなったり・・と嬉しいことづくめでしたが、

一番印象的だったのが、「味覚(五感)が研ぎ澄まされた」こと。

ファスティング後にいつものコンビニで衝撃的な体験をしたのです。

数日ぶりにコンビニの中に入ると、これまで感じたことのない油やおでんのだしなど様々なものが混ざった匂いを感じました。

そして、いつもの鮭おにぎりを買って頬張った時、頭によぎったのは・・

「何かの人工的な味がする・・!」

添加物の味を初めてしっかりと感じたことで、「あぁ、本来の感覚が鈍っていたんだなぁ」と感じました。

そして、「もっと自分の身体に意識を向けよう。」と思うようになりました。




キーワードは「自分の身体の声を聞く」




衝撃的な体験をした後、自分の味覚や体に意識を向けながら様々なものを食べてみて、食事の内容が変化していきました。

農家直送野菜を使ったレストランの食事を美味しいと感じるようになり、

ランチに唐揚げ定食を食べると食後は眠くなることがわかり、刺身や焼き魚の定食をよく選ぶように。

外食が続いた後は、山盛りのサラダが食べたいと感じるようになりました。

しばらく忙しい日が続きエネルギーが欲しい時は、臭みが少なく旨味が強い牧草を食べて育ったお肉を食べます。

そうやって少しずつ自分に合うものを見つけて、その時のライフスタイルに合わせて、身体が食べたいものを食べるようになりました。

以前は嫌なことがあると甘いものが食べたくなっていましたが、心の「食べたい」という声より、身体の「もう満足!」を優先することで、

少しずつむくみづらくなったり、すっぴん肌で自信を持って過ごせるように。

年々「痩せた?」「顔小さくなったね!」と声をかけられることも増えました。

自分に合う食事法やバランスを見つけるのは簡単なことではありません。

でも、自分のことは自分が一番よく知っていると思うのです。

内側からキレイになりたい、たくさんの食事法があって何をしたらいいのかわからない・・という方は、まずは“身体の声を聞いて食べる”ということをしてみてはいかがでしょうか。


※ファスティングの体験は個人の感想です。
※ファスティングは専門家の指導の下、行っています。