女性たちの発想とパワーで、世の中を楽しく、ハッピーにしていくトレンドメディア。 それが、Self-ISH です。

ぬか漬けパワーでカラダの中から元気!

『 ぬか漬けって素晴らしい 』

こんにちは。ぬか漬けマイスターの大湯みほです。

私にとって、毎日の生活で絶対に欠かせないもの、『ぬか漬け』。日本の伝統文化でもあり、日本が誇る発酵食品。最近は美容健康にも素晴らしい効果が期待できるということもあり、改めて注目されているので、テレビや雑誌で見たり聞いたりする機会も増えてきているのではないでしょうか。日本人は昔から穀物や植物性の食材を中心に食べてきているということもあり、ぬか漬けに含まれている『植物性の乳酸菌』は日本人の身体に最も合う乳酸菌とも言われたりもしています。さらに、発酵することで酵素もたっぷり含まれていたりと嬉しいことばかりですよね。ぬか漬けの魅力、まだまだありますが…まずは、ここまでにしておきますね。笑




『 ぬか漬けとの出会い 』



そんな、『ぬか漬けと私の出会い』について、今回はじめましての方も多いと思いますので、ちょっとお話させていただきますね。

生まれが宮城の私は、子供のからあたりまえのように、食卓には白いご飯とばあちゃんのぬか漬けを食べて育ちました。実は、食事の時だけではなくおやつ代わりにもぬか漬け。東北あるあるなのかもしれないのですが(笑)テーブルの上には常にぬか漬けが置いてあるのです。それもあって子供の頃はぬか漬けが嫌いでした。床にはいつくばって、何かをかき混ぜてるばあちゃんの姿もあの頃は不思議な光景に見えていて…というか、ちょっと不気味にさえ見えていましたね。

それから数年が経ち、大人になった私が上京して一人暮らしをした時に、あれ?何か足りないな…そう思ったのが、ばあちゃんのぬか漬けでした。見よう見まねであれこれ試してみたものの、やはり発酵食品は生き物、思うようにはいかず失敗を繰り返していました。

そんな大好きだったばあちゃんが8年前に亡くなったのですが、その時『嗚呼…何でちゃんと、ぬか床って、どうやるの?』って素直に聞いておけばよかったなあ、、、、そう思った時には、もう遅いもんですよね。母は、ぬか床はやらない、と言うので、残ったぬか床を引きつぐ事になりました。こんなの出来っこないじゃん!はじめはそう思ったのですが、いつの間にかぬか床に『おはよう。』『今日ね…。』なんて話しかけてるうちに…ばあちゃんが其処にいる、そんな気がしてきました。そうなったら、もう毎日が楽しくなりましたね。

寂しかった一人暮らしの毎日の生活が、大好きだったばあちゃんと一緒に暮しているような、そんな感じになってきて、もっと美味しいぬか漬けを漬けたい!もっと、ばあちゃんの味に近づきたい!そう思えるようになったんです。そこからが、本格的なぬか漬けライフのはじまりでした。






『ぬか漬けを世界へ!!』


ジャパニーズ ソウルフードでもある、このぬか漬けの素晴らしさを、もっと多くの人々に知ってもらいたい、日本の誇りでもあるぬか漬けを海外に広めたい!!そういう想いで、ばあちゃんから引き継いだぬか床で美味しいぬか漬けを作って、全国でワークショップや、食育イベントを中心に活動をしています。

子供のころから作る楽しみ、育てる喜びを知ることによって、普段野菜嫌いな子供がぬか漬けにしたら食べるようになったりと…うれしい声を聞けるのでとってもやりがいがありますね。まだまだ、腸内環境のお勉強をしたり、他の発酵食品について調べたりと、やらなきゃいけないこと盛りだくさんですが、いつか『ぬか漬けという文化を海外に広めた第一人者』になれるように、日々精進してゆきたいと思ってます。