女性たちの発想とパワーで、世の中を楽しく、ハッピーにしていくトレンドメディア。 それが、Self-ISH です。

本質的な「健康」や「美」を手にしたいなら読んでおきたい「本物」を見極めるためのいろはにほへと

こんにちは、HALUです。プライベートでも仕事でも常に健康やオーガニック、そしてサスティナブルというキーワードにアンテナを張って毎日を過ごしている田舎(葉山)と都会(東京)をほぼ毎日行き来するハイブリッド系25歳です。笑

これから読者の皆様には、「本質的」な「健康」、そして「美」について日々研究する中で普段どういったことを私が実践、取り組んでいるかをシェアできたらと思っています。

記念すべき第1回目のテーマは、そもそも、このキーワードに対して、自分自身どういった判断基準をもって、日々取り入れているかをお話できたらと思っています。




そもそも「本質的」って?

今の時代はどこにいても、世界中の情報が手に入り、また世界中の人とつながることができます。《情報過多》なんて、言われる時代でもある現在、皆さんはどこから情報を仕入れますか?

TV?インターネット?SNS?はたまた、周りのお友達から?
これだけ進化した時代だったら、情報を仕入れる手段はたくさんあると思います。もともとはマスメディアが多くの情報発信や商品・場所の紹介をしていましたが、マスメディア(主にTV)ではほとんどが《膨大な広告費》を使って、有名人・著名人を起用し、あの手この手を使って、いかにその商品や場所が「流行っているように見せるか」にお金を使っていました。それではここ数年ではどうでしょう?Instagramが主に20代〜30代女性にヒットして、TV(言わゆる芸能人)が発信している情報よりも、今では行きたいお店や場所、買いたい商品までInstagramなどのSNS(一般人)を通じて、モノ・コトを検索するのが主流になってきました。

今回は私もInstagramがあったからこそ人生が変わった(フリーランスで仕事ができるようになった)うちの一人なので、おもにInstagramを話の主において、お話できたらと思います。



芸能人よりも一般人。口コミへの影響力の変化


では、なぜそもそも芸能人のような誰もが知るような人の情報よりも、どこにでもいそうな女の子が発信する情報のほうが、信ぴょう性があると考えられるのでしょうか?もちろん私のようなひねくれた目線で「芸能人は広告費がどうのこうの!」とまで考えている人は、そう多くはないと思うので、一般的な考え方から推測すると、そこに「リアル感」があるか、ないかの違いのような気がします。どれだけ綺麗な芸能人が「これを飲んだから綺麗になった!」と発信しても、「もともと綺麗な人だからに決まっている!」その一言で終わってしまいます。でも普通の女の子が、before after の画像を交えてSNSで、例えばダイエット記録を発信していたら、とても「リアル」で信ぴょう性がありますよね?このように、芸能人よりもInstagramである程度フォロワーがついた一般人が発信する情報のほうが、より「リアル」で信ぴょう性があると世間的になっていったのではないかと思います。そしてそれと並行して「インスタグラマー」と呼ばれる、かつてのブロガーのような、フォロワーがある程度ついた影響力のある(ありそうな)インスタグラマーという存在が、世間から重宝されるようになってきました。





私が「インスタグラマー」と言われたくない理由



かくゆう私も、とある雑誌でインスタグラマーとして取り上げられたことがありました。理由はある程度のフォロワー数(当時1.9万人)が多かったからだったのですが、正直、雑誌に載せてもらえることは嬉しかったけれど、インスタグラマーと言われるのにはとても抵抗がありました。その理由は、あまりにもインスタグラマーの発している情報に信ぴょう性がなかったから。

「wえ!さっき言ってたことと矛盾してるじゃん!w( ̄O ̄;)」

そうおもった方、残念ながらそうなんです。一部訂正すると、かつては、そうだった(リアルで信ぴょう性があった)かもしれないけど、いまは必ずしもそうではないということです。




Instagramが流行りすぎた結果の落とし穴


TVよりもInstagramからみんなが情報を得るようになったことを知った企業はもちろん放ってはおきません。そうこうしているうちに企業はインフルエンサーマーケティングというInstagramを使ったマーケティングに着目し、インスタグラマーを起用して(用は広告費をインスタグラマーに払って)商品やサービスの紹介をしていくことになります。そんなことをしていくうちに、どうでしょう。かつては芸能人に膨大な広告費を払っていた企業が、インスタグラマーと呼ばれる一般人に広告費をかけることになるのです。

そうなると、かつて芸能人が陥った「本当は使っていないけど、お金をいただいているから宣伝する」という全く同じ状況になっていると私は感じてきていたのです。もちろん、私もInstagramで自分が発信している情報とブランディングがあっていれば、商品の紹介をお金や実物をいただいて、PRすることはありますし、PRすることが悪いことだとはおもっていません。あくまでも、自分の「価値観」や「共感」できるモノ・コトであれば、むしろどんどんPRしてみんな(フォロワーさん)に知ってもらいたいですし、逆にお声をかけていただけたことで知った、素敵な商品やサービスなんかもたくさんあります。ただ、私が気になるのは、多くの場合、人はお金をもらえたら、それだけでその商品やサービスのファンでなくてもPRしうるということです。現に、私の場合、とある超有名製薬会社のお仕事で健康飲料とうたっている添加物まみれのエナジードリンクを何回かに渡って(様は常飲していることを謳う)紹介してほしいという依頼があり、当時提示されてギャラは数十万というものがありました。しかし、一見健康的なブランディングをしている商品であっても、実際そうでもなかったりするので、私は原材料を細かく調べた結果、お断りすることにしました。それは、自分自身が飲まないのに、そもそもフォロワーさんにオススメできないし、目先の利益だけで、自分が発する情報への価値を下げたくなかったからです。



それが単発的なのか、継続的なのか?



これは健康面、美容面、どちらにも言えることですが、目先のことばかり重点をおいて、先々のことを全く考えていない商品があまりにも多いという事実です。ランニングページはあまりにも立派に綺麗にできすぎていて、実際届いてみたら(食品の場合裏面表示を確認したら)たいしたコトない偽物の健康美容商品だったことは多々あります。

また発信者目線からも同じことが言えます。とあるインスタグラマーの友達はインスタでは「オーガニックのこの商品オススメ♪最近毎日使っている!」なんてことを書いていたけれど、彼女の家にいってみたらケミカルな高級化粧品ばかりだった。。。。なんてことはしょっ中あります。Instagramのお仕事で、とあるレセプションパーティーにいった時も、私自身はそのブランドが好きでいったのに、周りはいかに自分が可愛く映えて、商品と写れるかにしか興味なく、商品説明なんて全く聞いちゃいないなんて人も大勢います。(自分が企業の身だったら悲しすぎる・・・)




・・・じゃあ結局どうしたらいい情報が手に入るんだ!!( ´Д`)



そう思った方も、少なくないと思います。答えは、気になったらまずは自分で確かめてみる!です!

結局のところ、本物のいい情報なんてのは本当に一握りで、インターネットやSNS上で見つけることは容易ではありません。情報なんていくらでも操作できてしまうのです。(残酷)なのでSNSで仕入れる情報(とくに健康や美容にまつわるものはまがい物が非常に多いです)は鵜呑みにせず、まずは自分で確かめてみることが重要です。たとえもし、自分で、目で見て、感じて確かめたのなら、それが本物の情報でなかったとしても、自分の経験値につながるのです。自分で確かめるって、とてもめんどくさいけど、めんどくさいことをすればするほど、見えてくるもの、そして見極めの力もついてくるものなんです。




最後にもう一つ!重要なこと


判断基準として、忘れてはいけないもう1つのことをお伝えします。それは多方面から物事を判断することです。

ちょっと難しいかもしてれませんが、例えると、1個の酸味のあるりんごがあったとして、それを美味しいというAちゃんと、まずいというBちゃんがいたとします。Aちゃんはそのりんごを作っている農家さん、Bちゃんは別のライバルリンゴを作っている農家さん。この場合、両者とも、自分の都合のいいことを言うに決まっているのです。また、どちらも農家でなかった場合だとしても、Aちゃんは酸っぱい酸味のあるリンゴが好み、Bちゃんは甘い蜜のようなリンゴが好みだった場合、Bちゃんはリンゴを美味しくないというに決まっているのです。このように、事実は1つ(この場合酸味のあるリンゴ)だったとしても、人によっては感じ方はそれぞれ、解釈は無限にあるということを、常に意識し、自分で実際に確かめるというのがとても重要なのです。



いかがでしたか?第1回目からハードル高い内容で、しかも具体的な健康法や美容法については全くもって触れていきませんでしたが、笑

そもそもその基礎となるモノ・コトの判断基準について皆様にシェアしたかったので、長々とした記事になってしましましたが、一旦このへんで終わりにしたいと思います。

次回からはこれだけ言っている私の「実体験」にもとずいた、具体的な「健康法」や「美容法」についてお話していけたらと思っています!お楽しみに♪