酵素ドリンク飲むよりも・・・/山口絵里加

こんにちは、
生活習慣改善プログラム美コア考案者山口絵里加です。

12-20

先日ある細胞研究関連の方々との
やりとりでこんな話がでてきました。それは

酵素について。

今色んな資格もでたり
ダイエット食品がでてたり
凄い人気フレーズになってますよね!

酵素ってでもなんなのか知らなくて

飲んだりするかた多いみたいで

今日はそんな酵素の意味を

分かってもらってどんな摂取の仕方が

一番あっているかが参考になればと思います。

まず、

酵素には消化酵素と代謝酵素があります、

消化酵素は食物を消化する時に働きます、

代謝酵素は古いものと

新しいものが入れ替わるように

働きます。

酵素が無ければ人間は生きていけません。

元気でいられるのは酵素のおかげです。

タンパク質の消化・吸収について 

酵素は一言で言うと
タンパク質の一種です。

そして、ここが最も重要なのですが、

タンパク質は種類によらずどんなものでも消化液により分解され、アミノ酸として吸収されてしまうのです!

ポイント

結局、酵素を摂取しようが、コラーゲン豊富なアンコウ鍋を食べようが、肉や野菜を食べようが、そこに含まれているタンパク質は20種類のアミノ酸に分解されてしまうのです。

ということは、

身体に酵素ドリンクを入れるよりも

赤身肉
豆腐
を入れた方がよっぽど安くすむきがします。

酵素は栄養素ではなく化学反応を

起こすための触媒であるので、

体内で働く酵素はどんな方法

をもっても体外から摂取すること

はできません。

酵素はたんぱく質でできている化合物

であり、まず胃の中に入った時点

でそのほとんどが胃酸によって

アミノ酸に分解されてしまうのです。

この分解によって元の酵素としての

働きは失われます。

また、食材の持っている酵素は

分解された後でも大きな分子であるため

腸管から直接吸収

されることもないのです。

他にも色んな学者含め疑問点がある方々がいらっしゃいますね。

こちらでも酵素についての説明がされていますね。


酵素はタンパク質でできているので、

胃から分泌されるペプシンという

タンパク質を分解する酵素で

バラバラに分解されてしまいます。

アミノ酸レベルまで分解されてから

小腸より吸収されるので、

体に取り込まれた後にどこに使われるか

分かりません。

少なくとも酵素のまま体内に入って、

お肌に届きピチピチになるとか、

体中に届いて代謝が上がって

痩せやすくなる、

なんてことは有り得ません。

髪の毛を食べても髪の毛は生えませんね?

それと同じことです。

まあ、手の常在菌で発酵したジュース

を飲んでお腹を壊して一時的に

痩せるということは

あるかもしれませんが。

「酵素パワー」って洗剤じゃないん

だから、と思います。

発酵食品の健康への効果は認めますが、

酵素ジュースがあたかも魔法のドリンク

のように扱われているのを見ると、

騙されないで!と思います。

口から入ったものが消化・吸収

される時は、ものすごーく細かく分解

されてから吸収されるということの

イメージがわいていない人が多いようで、

美肌・健康から母乳育児まで

さまざまな誤解が流布しているようです。

結論


もし、自分に必要な「自分専用の酵素」を食べ物から選ぶのなら、同じ酵素を持つ「人」からとらないとなりません。

しかし、生物は良くできたもので、『酵素』を作っている「アミノ酸」は、動物も人も植物もほぼ同じですので違う種類の生き物の酵素を含めたタンパク質を食べて分解し、栄養素としてアミノ酸をいただくことで、自分専用の酵素を遺伝子から作ることができます。

健康維持には、人に必要な良質なアミノ酸が沢山取れる豆腐や納豆、脂が少ないお肉がお勧めです。

ですので、5000円の酵素サプリメントなどを食べても、肉や豆腐を食べてもアミノ酸に分解されるので同じことです。

ちなみに食べた肉や豆腐のアミノ酸のほとんどが吸収されるので、90円の豆腐を買った方が費用対効果は良いと思います。

やはり、日々の食事の組み合わせです。

消費者自身がさまざまな知識をもって
選ばなければならない時代になってきたんですね~~

えりか。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です