女性たちの発想とパワーで、世の中を楽しく、ハッピーにしていくトレンドメディア。 それが、Self-ISH です。

日本の自然のチカラをもっと近くに。MIRATOAMIプロデューサー/中村明茶花さん


●お名前
中村明茶花さん


●職業・肩書き
MIRATOAMIプロデューサー


●プロフィールご紹介

5歳の頃から5歳の頃から、江戸郷土芸能を継承しています。

高校入学と同時に芸能活動を始め、役者として映画やドラマに出演しました。その頃、生活習慣の乱れで肌荒れや冷え性という悪循環になり、様々な病院や薬にお世話になりましたが治らず、その時に出会った【日本の昔ながらの食で身体を立て直す】という若杉ばあちゃんの本がキッカケで実践し身体が回復していった経験が今までの価値観を大きく変えました。

そこから食の勉強を始め、一人一人の食の現状こそが、日本の現代の様々な悪循環を引き起こしていることに気づきました。


日本の古くからの薬膳茶を軸に、【食の大切さ】【受け継がれたものの意味】【自然と文化が共に在る豊かな時間】を提案することで、一人一人が持っている自分だけの時間軸に気づき、一人一人が自分をもっと大切に出来ることを目指しています。

現在はミラトアミプロダクツの開発に力を入れると同時に、季節ごとに日本の習わしを楽しく提案する【暦ワークショップ】を企画し、講師やレシピ提案などをし、体験を通して伝える活動にも力を入れています。



●活動分野
・健康/美容  ・フード  ・オーガニック  ・ライフスタイル  ・アグリカルチャー  ・デザイン/アート  ・伝統文化



●今後力を入れていきたいこと
日本を軸に、世界の「お茶文化(Cafe)」や「習わし」に視点を置き、自然と文化が共に在る豊かな時間を、地球規模で伝えていきたい。





●活動のご紹介

J-WAVEにてミラトアミの活動とオリジナル商品【お米コーヒー】が「2020年
より先に繋げたいヒト・モノ・コト」として取り上げて頂きました。




ミラトアミのオリジナル商品を東京ミッドタウン内でお取扱して頂いて
おります。その他全国に販路を広げております。




地域の宝物に光を当てるプロジェクト雑誌のモデルとして起用して頂きました。伝統と現代を繋ぐ新たなライフスタイルを提案する映像プロジェクトにも被写体として出演。自身の「受け継がれてきた物を大切にしたい」という元々のライフスタイルや考え方を作品を通して体現させて頂いています。




昔の暦は日本の四季の流れと寄り添っていました。数字では感じれない、暦ごとの古くからの習わしや仕込みものを通して自然の恵みを感じ、日常に彩を添えるワークショップ「暦ワークショップ」を企画・開催している様子です。





日本の自然や文化を身体(五感)で感じてもらう【食べる体験】の提供をしています。写真のものは野草料理教室でのランチメニュー。その他、月に4回ほど出張ランチを通して本物の味を感じてもらう場を作っています。「帰れる味であってほしい」と願い、伝えています。




●Instagram
@miratoami

●Twitter
@miratoami

●Facebook
@miratoami